MENU

デルメッドヘアエッセンスってなんですか?

デルメッドヘアエッセンスは日本の製薬会社の一つである
三省製薬が製造販売している女性用育毛剤のことです。

 

この育毛剤は女性ホルモンの働きに着目した独自成分を配合しています。

 

資本力のある製薬会社が開発して製造しているからでしょうか、
コストパフォーマンスはかなり良い商品です。

 

商品の価格は基本的に開発費、原材料費、生産ラインなどの投資額、
人件費が7割以上をしめますから、歴史も資本もある製薬会社の価格有利性は否めません。

 

デルメッドヘアエッセンスの特徴とは

デルメッドヘアエッセンスにはCTPという独自の育毛成分が配合されています。

 

さて、CTPとは何かというと、6-ベンジルアミノブリンの別名で、
太くしっかりした髪の成長を毛母細胞に促してくれる育毛成分のことです。

 

このCTPは1990年に三省製薬が白髪防止を研究している時に
500種類の素材の中から育毛成分であるCTPを発見し、
翌年の1995年に当時の厚生省、現在の厚生労働省に有効成分として認可され、
すでに多くの育毛剤に採用されている育毛成分のことです。

 

とくにこれは髪のエイジング現象である「髪の毛が細くて抜けやすい」
「分け目や地肌の露出が目立つ」「ハリやコシを失い髪がぺったこ」
になったとお悩みの女性に特に効き目があります。

 

というのは、こういった女性ホルモンの減少による毛髪の変化は、
髪の成長を促すBMPという成分が減ることから起きると考えられているので、
CTPを含んだ育毛剤を使うことは非常に理にかなった薄毛対策なのです。

 

 

他の女性育毛剤との違い

デルメッドヘアエッセンスは店頭や大手オンラインショップでは購入できません。
唯一DERMED専用サイトで購入できます。1ボトルは約2か月分で朝晩しっかり使えます。

 

CTPの働きで根元からハリとコシをもった強い髪の毛が育つようにMBP成分を活性化させ、
女性ホルモンに似た差お湯があるといわれるホップ抽出液によりボリュームのある美しい髪の生育を促します。
またデルメッドヘアエッセンスには殺菌作用のあるサリチル酸が含まれていますので、
毛根の周りを清潔に保って、フケや痒みを防ぎます。

 

デルメッドヘアエッセンスは、頭皮に直接つけてマッサージするときの刺激もなく薬臭さもない液です。
育毛剤にありがちなメントールや揮発性油によるスース―した感じもありません。
香りがあるとすれば微かなレモンのような爽やかな芳香です。
使用から一週間程度で頭皮が柔らかく滑らかになった感覚が起こってくれば、さらなる効果が感じられるようになります。

 

 

デルメッドヘアエッセンスのメリットとデメリットについて

デルメッドヘアエッセンスのデメリットは、容器のノズル口が大きめなので
最初の中身がたくさん入っている時には注意しながら頭皮に付けないと、
多すぎる量が出てしまうことがあります。

 

この現象を最初に経験してしまうと、髪がべったりするとか、
湿った感じでスッキリしないとかといったマイナスイメージを持ってしまうかもしれません。

 

基本的に、女性ホルモンの減少によって薄毛が始まった場合には、
こういった局所ケアだけで対策する場合には、目に見える効果が出てくるまで多少時間がかかりますので、
途中であきらめてしまうユーザーがでてくることもないとは言えません。